イリマーのインド史を知ろう 第一章古代 マウリヤ帝国とアショーカ王 4/11

 

 
紀元前300年頃
 

 

日本は弥生時代に入り、古墳の始まりにあたる土で塚を築く墳丘墓が作り始められた。

 
 

一方、インドでは・・・

 
 
 ゴーダマの生まれた紀元前500年頃のインドについては、仏教の経典に記述されていました。
 この時代、数多くの国がありました。
その中でも特に強大な国、 マガダ国 がありました。

マガダ国(Magadha)、東側にあります。

 
 

ゴーダマと同世代のマガダ国ビンビサーラ王は国土を広げました。
そして次の王の ナンダ王 がさらに国土を広げていき、さらなる帝国へと進展します。

ナンダ朝

マガダ国ナンダ朝

 
 

 一方で、東ヨーロッパのギリシャ北方に当たる マケドニヤ王国の統治者アレキサンダー(アレクサンドロス三世) が世界征服を決心します。
東方へ進攻し、エジプト、アケメネス帝国(ペルシア)を次々と征服していきました。
しかしマガダ国ナンダ王を恐れ、それ以降東方への進攻を断念します。
(ギリシャでは、アレキサンダーが東方に進まなかった理由は兵士達が同意しなかった為と伝わっています。)

マケドニヤ王国

 

 その後、アレキサンダーは征服した領土を統治するため、各地に将軍を残し紀元前325年にインドを離れます。
そして、紀元前323年6月10日にアレキサンダーは故国へ帰還の途中で突然の高熱で死んでしました。
アレキサンダー死後、各地に残った将軍がマケドニア国を統治します。そしてインドを含むマケドニア国東部は 将軍セレウコス が手に入れます。

しかし、セレウコスが手に入れた領土は政権を確立する前にマガダ国のナンダ王の息子 チャンドラグプタ に征服されます。

 チャンドラグプタは次に王になりうる8人を全て殺し、マガダ国を転覆させマガダ国マウリヤ朝を建国します。
マウリヤ朝はチャンドラグプタ、次にその息子ビンドゥサーラ、さらにその息子アショーカが王位を継承していきます。
このアショーカ王も狂暴であり、父ビンドゥサーラの死後、兄弟、延臣をことごとく殺害し、王位につきました。
 
 

そしてこの狂暴なアショーカ王こそ
 
最も偉大な王として今でも語り継がれています。

 

 

アショーカ王(左:紀元前250年頃 右:2012年頃)

 
 アショーカ王は即位後、現オリッサ州(インド東部)を苦しい戦況の末、征服しました。
自ら指揮をとっていたアショーカ王は戦争によって人々にもたらす苦難に深く心を痛め、もう二度と戦争をしない事を誓いました。
ジャイナ教徒として育ったアショーカ王ですが、仏教の生きとし生けるものへの不傷害という教義を取り入れ、仏教へ改宗します。
そして、余生をブッダの教えを布教する為に捧げました。
アショーカ王の布教は領土内だけに留まらず、アフリカ、ヨーロッパにおよびます。

 
 またアショーカ王は自ら敬虔で慈悲深い生活を送る事で、人々を導きました。

宮廷料理のために毎日数百頭の動物が屠殺されていましたが、それを禁止し菜食主義を取り入れます。
また人々や動物の病院を多く建設し、華麗な宮殿や、石柱、仏棟(ストゥーパ)などの建築物を建設しました。
そして異宗派、異教徒にたいしても親切に、平等に接しました。

この数多くの功績により、アショーカ王が即位したころ地方の一宗派であった仏教は、アショーカ王が亡くなる紀元前232年頃には世界的な宗教へと発展していきました。
そして、現在キリスト教、イスラム教に並び世界宗教の一つになるほど大きなものになっていきます。

 
 

 アショーカ王の死後、マガダ国はいくつかの反乱によって混乱し、そのさいに郡司最高指揮官ブシヤミトラにより次期王であったブリハドラタが殺害され、終焉を迎えます。

137年間続いたマガダ国はインドの歴史からみて、インド統一を果たした数少ない国になります。

 

 
 
ちなみに。

この頃作られたライオンの石像は、現在インドの国章となっており
また国旗にも一部が描いてあります。

ライオンの石像

 

インドの国章

 

インドの国旗

 

 

 

インドの戦争はまだまだ続きます。

 
次回
第一章 古代 5/11
〜 インド惨敗?!
かい? ふぇい? ふい? ほほーい!〜 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –
参考文献 インド史 著・P.N. Chopra 訳・ 三浦 愛明, 鷲見 東観
参考画像 広大なインターネットより

誤字脱字、間違え、誤解しうる文章等ございましたら、コメント欄にてご指摘していただけると助かります。

2 Responses to “イリマーのインド史を知ろう 第一章古代 マウリヤ帝国とアショーカ王 4/11”

  1. Manabu Y より:

    イリマーさん、いつも勉強になります!アショーカ王には吹いてしまいましたww 次回も期待してます。

  2. admin より:

    ありがとう!
    子育てで、一気にペース落ちたけど、がんばって続けますー。
    目指せ隔週更新。

Leave a Reply